2010-08-02

新丸ビルで引き続きリアルエール提供中です!

前回のエントリでもご紹介した新丸ビルでリアルエールを飲めるお話の続報です。

新丸ビル7Fの「丸の内ハウス」にあるバー「Rock Around the Clock」。このお店のリニューアルオープンに合わせ、期間限定でリアルエールを提供いたします!

銘柄はBeestonのWorth the WaitとAfternoon Delight。銘柄の詳細については、当ブログの過去エントリをご覧ください。

Beeston Brewery logo

いずれもマイクロカスクによる提供につき、売り切れ御免です!私も毎日コンディショニングに出向く予定です。
先日のカスクを飲み逃してしまったそこのアナタ、急いで新丸ビルへ!!

ちなみに8/1夕方にヴェンティングしたので、8/2のリニューアルオープン時から提供開始です。口切りのフレッシュさを楽しむもよし、数日後の練れた味わいを楽しむもよし(そこまで在庫が持たないかも!?)。日を改めて両方楽しめればなおよし!!

日本の夏の暑さを、英国のリアルエールで癒してください!
2010-07-18

ごぶさたしておりました…。リアルエール、続報です

皆様、長い間ブログを更新しないでいてすみませんでした<(_ _)>
実は、あのエントリの後、いろいろ問題がありまして…。いや、その、いわゆる飲食店の経営にまつわる良くある話でして。

平たく言うと、「Radiant」ではリアルエールを扱うことができなくなったわけです。

なので、色々次の手を考えていたのです。

でも、まだ方向性を打ち出せていないのです。

そのうちに、とっても切羽詰まってきたわけです。

でも、ようやく何とかゲリラ的に扱ってくださるお店が出てきてくださいました…。なので、今なら東京で飲めます、「リアル」リアルエール。

場所はなんと大手町。新丸ビルでございます。
そこの7階がレストランフロアになっているのですが、そこの「mus mus」と「来夢来人」というお店で提供中です!

銘柄はおなじみBeestonのWorth the WaitとAfternoon Delight。

Beeston Brewery logo

「Afternoon~」は今回初入荷。夏限定のゴールデンペールエールで、とーっても軽いです。ビタリングホップは最低限で、カスケードホップがふんわり香ります。苦み少なく、ホップアロマは柑橘系。モルトの心地よい甘さと、焼き立てのパンのような香りがあります。モルトは地元ノーフォークのフロアモルティングによるペールモルトを使用しているのですが、焙煎がちょっと通常より深いのでしょうか、モルトの甘味の中に軽いカラメルフレーバーも感じます。アルコールは3.7%とこちらもまた軽め。ですが、予想以上にボディを感じます。今回、とある日本酒蔵の醸造家さんに試飲していただいたのですが、「軽さの中に、ギリギリのバランスを感じますね」とのコメントをいただきました。さすが専門家です。

また、女性のテイスターの方からは、「暑い、晴れた日曜日の午後に飲みたくなる味わいですね」とも。ご指摘の通りで、まさに蔵元がそのような消費シーンをイメージして作った銘柄なのです。

「mus mus」はレストランで、「来夢来人」はその名の通り80'sテイスト満載のスナック(笑)です。後者は入り口に「女性限定」と書いてありますが、女性同伴の男性は入店可能です。また、スタッフに「リアルエールを飲みたい」旨を伝えていただければ、男性のお一人様でも入店いただけます。

いずれもマイクロカスクによる試験提供ですので、売り切れ御免です!飲んでみたい方は急いで新丸ビルへ!!

ちなみにコンディションは、この連休中がピークだと思います!!!

theme : Restaurant
genre : Gourmet

2010-03-28

リアルエール、ついに日本でも飲めますよ!

久々のエントリです。英国滞在記の続きを書こうとして、筆が止まったまま幾年月…(大げさ)。

実は、ちょっとばかり忙しかったんです。理由は…。

なんと!!知人づたいに「英国リアルエールが飲めるお店を開店したい」というお話をつないでいただいて、エージェントの私が「いっちょかみ」させていただいたんです。

↓↓ここです!↓↓
Radiant Real Ale Show Window

Radiant Real Ale
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-18-2 上村ビル2F


ショーケースの雰囲気は、英国はPooleのパブ「Bermuda Triangle Freehouse」の内装をほうふつとさせますね…。「なんや、本格英国パブじゃないやんけ」と言うアナタは、日本に対して「フジヤマゲイシャ」しかイメージできない人のごとし。本国には、こんなテイストの店もあるんですね~。

場所は渋谷は道玄坂から、百軒店に入って道なりに左方面に直進した突き当り右角のビルです。
Radiant Real Ale Sign
外看板にも誇らしげに「Real Ale」の文字が◎

Radiant Real Ale Counter Shot
内装は「関西アングラオーセンティックバー」な雰囲気ですね(なんのこっちゃ)。

で、バックバーの冷蔵庫には誇らしげにマイクロカスクが…!!もちろん、グラビティスタイルでお出ししております◎セラーマンはそう、私でございます…。
Radiant Real Ale Cellar


オープンしてまだ10日足らずなんですが、すでに英国人のコアなお客様にも来店していただいてます!エピソードをひとつ紹介させてください。

ある日いらっしゃった英国人のお客さん、なんでも、彼のおじさんが英国でパブの主人をされているそうでして…。で、ここぞとばかりにバーテンダーの方が熱心にリアルエールを勧めたのですが、彼はかぶりを振って、「オレは日本に来てこの国で飲めるリアルエールのひどさをよく知っている。モルツのドラフトをくれ」と言われてしまったんですね。とりあえずオーダーには応えたものの、それでもとなおも食い下がったら「じゃあ味見させてくれ」となりまして。

おもむろにグラスに鼻を近づけた彼、ぱっと顔が明るくなり、バーテンダーさんに開口一番「お!これは本物だ!!お前どうやって輸入したんだ!?」と(笑)

それからは同席の彼女さん(日本人)にリアルエールの講義を始めて盛り上がったこと。最後には、「おじさんのパブで飲んだリアルより旨いよ」と言い残して帰られました~。

確かにその日はマイクロカスク開栓4日目で、相当味は乗ってましたがね。嬉しいものです。日本で初めて英国のリアルエールを飲んだ英国人のリアルエールラヴァーからそういう言葉をいただくのは…。私のセラーマンシップもまんざらではないということですかね?(手前味噌ですが)
ほら、セトリングもバッチリでしょ?↓↓
Radiant Real Ale Settled Ale

現在お店で開栓しているリアルエールは、Beeston Breweryの「Worth the Wait」というゴールデンペールエールです。Beestonはノーフォーク州に2006年に設立された新進のマイクロブルワリーで(まだウェブサイトもありません)、本銘柄は2007年のNorwich Beer FestivalのWinnerを受賞した、いわばフラッグシップ商品です。原料はモルトとホップ、酵母のみ。モルトは地元ファームで伝統的なフロアモルティングで造られた、ペールエールモルトです。ホップは、英国の伝統品種であるファグルス種(UKエールのフレーバーを特徴づける最重要品種)をビタリングホップとして用い、そしてそのファグルス種からの派生品種であるカスケード種をアロマホップとして用いています。カスケードホップ特有の、レモンやグレープフルーツを思わせるシトラス系アロマを楽しんでいただけると思います(某大手の某ビールもカスケード使用を謳っていますが、味わいには何にも反映されていませんね)。モルトの甘さ(米国系地ビールによくある、酵母不活性/人為的発酵停止によるシリアルフレーバーがないことに注目)と合わせることによって、ライトなスタイルにもかかわらず味わいに厚みをもたらしているあたり、UKエールの真骨頂だと思います。液体の粘度の高さにも注目してくださいね。私の少ない経験では、これは英国のいくつかのリアルエールにしか見出したことがありません。おそらく、仕込み水に含まれる豊富なミネラル分が関係しているのではないかと思います。

とまあ、私がここでゴタクを並べなくても、このお店で一度飲んでいただければ、私がことあるごとに「英国のリアルエールはビールではなく、醸造酒である」と言っている本意を理解していただけるのではないかと。英国人の彼も、テイスティングコメントとして、「オレンジピールのアロマに、レモンを思わせるフレーバーと酸味が感じられる」と言っておられました。さすがは本国のエールラヴァーです。

あ、よりハードコアを志向されるエール飲みの方は、バーテンダーさんにお願いすると、このエールに使われているペールエールモルトを試食できますよ◎

このブログをご覧の方で、関東圏にお住まいの方は、ぜひ一度足を運んでみてください!渋谷にはブリティッシュパブも米国クラフトビールパブも、さらにはドイツビアホールまでありますから、ぜひともpub hopping(はしご酒)していただき、インディーズ系「リアル」リアルエールの凄さを実感していただきたいと思います。
皆様のご来店状況によっては、来週の後半には、早くもBeestonのIPAを口切りできるかも?個人的には、英国最強のローアルコールIPAです(とは言ってもしっかり4.8%はありますが)。

私も早い時間帯なら、出来る限りはお店におります。もしリアルエール談義をされたい方は、お気軽にお声掛けください!同業他社の方、地ビールメーカーの方、大歓迎です!もちろん、4大メーカーの方々も(笑)

小さな一歩ではありますが、私の夢が動き始めました。いつも気にかけてくれて、励ましてくれるみなさん、本当にありがとうございます。特にTさん、毎日僕を叱咤激励してくださって、いくらお礼を言っても足りません。これからも頑張って例のプロジェクトたちを一つずつ実現しましょう!

小さな一歩を祝って、ナイトキャップに自作のグラッパなど飲みながら、こんな歌を。
でも私がrichになってみんなにプレゼントするのは、歌詞にあるセーターじゃなくて、多分ワインになると思います…笑

歌詞はこちらからどうぞ◎




Current visitors:

theme : Restaurant
genre : Gourmet

2010-02-09

これでもう最後ですよっ!最後の自腹ですからねっ!!

忙しいので短いエントリ、行きます。

はい、この一年で4度目の英国です。


なぜこの時期にかと言えば、サンプルがないからです…。みなさん、二言目には「日本だと、どこでイギリスのリアルエール飲めるんですか?」となられるんで、百聞は一飲にしかず。
本当は自分でセットアップしたルートで流したかったのですが、輸入手続きのコストが、1個も100個も同料金なわけです。少ないロットだと、えらいコストになるのです。人間が取りに行った方が安いんですね。しかもこの暗くて寒い時期ともなると、飛行機チケットも安いし。

でも先が見えない中での渡英なので、まったくテンションが上がりません!

現地は寒いだろうに、荷物を削った都合上、モモ引きが一枚しかないのも不安です!裏表前後と穿けば4日はいけるか…(笑)

でも、今回も色々とネタとコネを作ってきますよ!そしてもちろんサンプルも!!

行き先はロンドンとノーフォーク。いずれも再訪です。

帰国後、極秘にて内々のテイスティング会なぞ計画してます。いつどこでかは未定ですが。

現地リポートも、なるべく頑張りますのでー…

では今日正午の飛行機で行ってまいります!!


なお、以下業務連絡です。

ボーンマスには行きません。ええ、絶対に(笑)。後で思い知らせてやるために、今は仕込み中◎

○ス○家のみんなよろしく。わからんやろけど、自分らがオレに対してしたことと言ったこと、3倍返しにしたるから。

…覚悟せえよ。

♪♪♪

theme : Restaurant
genre : Gourmet

2010-01-08

お金が入ってこなくてもリアルエールエージェント。生業ですから!

今日は今までとちょっと違う内容のエントリです。

2件目のエントリ「ついに都内に英国リアルエール専門パブ開業!!のはずが…」でお話したように、現在私はプーさんです。実は、こういう状況(お金が出ていくばっかりで入ってこない)におかれるのは今回が初めてでして…。

いや結構堪えるもんですね。「オレ、社会的に評価されてへんやん」て考えちゃって、つい最近までそーとーな鬱状態でございました。特に昨年の前半は、何度も持ち出しで現地調査に出かけてたので、「あーあ、やっぱりお金無駄にしちゃったかなあ…」と考えてしまうし、社会的評価がないってことで自信もなくなっちゃうし、そんな私を見てられなくて嫁さんも逃げちゃったし。

でも、でもですね、これまでの人生をずっとサブカル部門で生きてきた私(笑)にとっては、こんなこと、これまでに何度もあったんですよね。じゃあ、なんで今回に限ってこんなに自信ないのかな?と年末年始はずっと一人で自問してました。

それは、自分が今までの人生を無為に過ごしてきたのでは?だからこんな状況になってしまったのでは?と心のどこかで思ってるからなんだと思い至ったのがつい数日前。

実を言いますと、以前のリアルエールパブ開店プロジェクトの時も、最後の1カ月半くらいは、会社本体の資金繰りが悪かったようで、私は文字通り「飼い殺し」状態だったわけです。もうロジスティクスは完成して、ゴーサインがあればすぐにでも動ける状態なのに、「まだ店舗物件が決まらない」とか「もう少し待ってくれ」などと言われ続けてたのです。だから私自身としては、もう長い間、ちゃんと仕事をしてこなかったような気がしてて…。

結構テンパってたので、オフィスワークの派遣会社にも登録に行きましたよ(私、昔は派遣社員で翻訳の仕事をしていたんです)。でも、ワードはともかく、エクセルのスキルチェックがボロボロだったりするわけで、そこでまた落ち込むわけです。そして、応募した仕事に対して「残念ながら、本件はご案内できません」とメールで返信がきたりすると、なおさら…。

ダメなときはダメな方にしか、安易な方向にしか、ココロが向かわないんですね。あれだけ時間労働が嫌で辞めたオフィスワークなのに…。

それを救ってくれたのが、私の親父でした。先日と私がクヨクヨと電話したら、「そりゃそうだ。お前がPCスキルだけで誰かに勝てるわけないだろう。食の世界にしろリアルエールにしろ、その誰も持っていない知識と経験が、お前の生命線なんだから」と電話口で笑い飛ばしてくれまして。

先日テレビを観てたら、NHKで「プロフェッショナル 仕事の流儀」をやってました。有機農法の世界では超有名人の金子美登さんが出ておられました。彼は有機農法が軌道に乗るまで10年もの間、辛抱したそうです。その間、農家をやめて別の仕事に転職しようと考えたこともあったとのこと。彼の話を聞いていたら、シチリアで自然農法のブドウ栽培に携わっていた私の記憶が蘇ってきました。自然農法は身体と精神に非常に厳しいイデオロギーだったけど、毎日が充実してたよなあ…。

「ベストを尽くして、我慢する」
「困難こそ、楽しめ」

彼の言葉は心に染みわたりました。そうだよなぁ…。自然を相手に、身体と頭をフルに使う仕事。それをいつか実現するために、オレは今、リアルエールのエージェントなんだよな。そしてそれは、オレが仕事だと思ってるから仕事なんであって、それは現状、お金を生む生まないの話じゃないんだな。
そういえば、以前働いていたワイナリーのオーナーに「オレは将来ワインメーカーになりたいんだ」と話したら、「お前がそう思って今動いているなら、お前はすでにワインメーカーだ」て言われたことも思い出しました(つまり、私の現在の肩書は、実は「ワインメーカー」と「リアルエールエージェント」の二つなわけですね^^ゞ)。

そう思ったら、なんだか気持ちがすーっと楽になりました。

今がこんな状況なら、今しかできないような、リアルエールの仕事をしようと思いました。時間がある今だからこそできる仕事。だから、頻繁にこのブログに記事を投稿しているんです。古い資料を整理して、ネタを考えて、自分の考えをまとめる。ちょっとしたセラピーと言えるかもしれません。元気になります◎

ビールを愛するみなさんに向かって、自信を持ってリアルエールへの情熱を伝えていくこと。これも、リアルエールエージェントの大事な仕事だと思っています。新しいことで勝負をかける時、こんなことこれからも沢山あるでしょうしね。めげてる時間などありませぬ。

日本のビール愛好家のみなさんに、本当においしいリアルエールをお届けしたい。

近いうちに絶対実現しますからね!
「焼き鳥&リアルエール」とか「串揚げ&リアルエール」とか、はたまた「超本格的なガストロパブ」とか
新規飲食業態をお考えのみなさん、いつでもご説明に伺いますよぉ!

ちなみに私の中で世界ランキング1位のパブがここ↓↓。デヴォン州はHONITONにある「THE HOLT」。Freehouseと書いてありますが、Otter Breweryの直営です(2008年に、新たに)。世界最先端のガストロパブです。オーナー兄弟は若いですがやり手でして、一度話したことがあります。ここの日本店を出すというネタもあるんだけどなー…。
オッターブルワリーの直営パブ「THE HOLT」
ちなみに、伝統的パブフードであるレアビットも、ここのシェフ(ロンドンの某有名フレンチからのUターンらしい)の腕にかかるとこーんな一皿に。もんっのすごく旨いです。もはやパブ飯ではありませぬ。
THE HOLTのレアビット
このパブについてはいずれ詳しく◎

では!Keep on drinking ale!






theme : Restaurant
genre : Gourmet

Profile

olubayo

Author:olubayo
日本唯一の英国リアルエールエージェント兼セラーマン。大阪外国語大学卒業後、某大手新聞社を早期退職。翻訳をしながら某料理雑誌記者という二足のワラジ時代を経て、一念発起してシチリアの超自然派ワイナリーで修業。ワイナリー設立の資金集めのため、もう一つの偉大な醸造酒文化である英国の「カスクコンディションリアルエール」を日本に紹介する仕事に奮闘中~
お店でリアルエールを提供したい方、一度飲んでみたい方、業態開発をお考えの方、みなさん大歓迎です。どこへでも説明に伺いますよ!

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
FC2 Counter