2010-01-06

リアルエールは不変じゃない~ゴールデンエールに見る栄枯盛衰物語~

数年来、英国のリアルエールシーンを追っている私ですが、現地フィールドワーク(という名のはしご酒)の際には、必ずデジカメとメモを用意して臨みます。すべてはテイスティングノートのためです。

  1. ハーフパイントを注文

  2. 飲む前にその銘柄のポンプクリップがついたハンドポンプの前でパチリ

  3. 色を確認して、メモをとる

  4. 香りを聞き、メモをとる

  5. 軽く口に含み、空気を取り込むようにして味わいを見、メモをとる。吐きださず、舌の後ろからのどにかけての味わいも忘れずに確認

  6. あとは普通にグビグビと◎


というのが、現地のパブにおける、私の儀式です。

Milk Street Brewery Beer! with pump clip
画像はドーセット州ローカルのMilk Street Breweryの限定品、「Beer!」。とてもユニークで、パンドカンパーニュのようなイースト香があり、飲み口はキレまくります。そして複雑なモルトフレーバー。

上記の儀式を毎日、最低10種類(フェスティバルの時なんかは30種類を超えます)のエールについて行います。この行為、ローカルのエールラヴァー達にはアピール度十分でありまして(笑)、大体3杯目くらいに、誰かしらに声をかけられます◎みんなおじいちゃんばっかで、若い女の子じゃないというのが、いささか物悲しいところではあります。

それはおいといて。

今回のお話は、それら一連の行為のうちの3番目、「エールの色」についてです。

エールの色は、一般的にはそのエールの味わいを示すものとされていまして、お客が「今日は○○色のエールをくれ」と言うのはパブでよく見る光景です。また店側でも、ハンドポンプの脇にその銘柄のエールが入ったショットグラスを置き、どんな色のエールなのかを見せているところもあります。
しかし特に去年、一昨年あたりはノートを取る時に悩みました。どのエールを見ても、まあ金色ばっかりなこと。「カッパー」だの「アンバー」だの「ハニー」だのと枕詞をつけてみても、ベースは金色。ビターは9割がた、IPAもほとんど、程度の差こそあれ「ゴールデンエール」なんです。だから、もはや色と味わいが一致しないことの方が多いんです。

実はこれ、英国のいわゆるマイクロブルワリーたちが仕掛けた「トレンド」なんです。

英国のビール産業における量的なプレゼンスこそ微々たるものですが、トレンドセッターとしてのマイクロブルワリーの役割には、実は非常に大きなものがあります。たとえばPitfield Brewery(最近はオーガニックにも熱心ですが)が古い文献をひっくり返して「失われたフレーバー」を見つけ出し、それを商品化したことで、有名なFuller'sのロンドンポーター(日本では冬の定番として、ケグで楽しまれた方もおられると思います)やMarston'sのOld Empire IPAなんかが生まれましたし、Envileがハチミツを醸造に使い始めたことで、Young'sのWaggle DanceやFuller'sのOrganic Honey Dewなどが誕生したわけです。あ、Badger(Hall & Woodhouse)のピーチエールGolden Gloryにしても、その前にBuffy'sみたいなマイクロブルワリーたちがフルーツエールを造りはじめてましたよね。最近では環境に配慮したエールや、ベジタリアン向けに動物性澱下げ剤(アイシングラス)を使わないことを謳ったエールなどの新商品が出てきましたが、いずれも小規模ブルワリーが仕掛けたトレンドです。

昨今のそういったリアルエールのトレンドにおける最も大きな波が、ゴールデンエールなのです。

ゴールデンエールが生まれた20数年前は、エール産業全体が、「ダークからライトへ」の大転換期でした。時代を少しさかのぼれば、ポーターは第一次大戦中にモルトが配給制になったことで絶滅しましたが(もし英国政府がアイルランドの醸造所に対して同じような配給制を実施していたら、スタウトも同じ運命をたどったことでしょうね)、戦後の好景気時には絶大な支持を集めたダークマイルドも、今や絶滅寸前です(ここ最近は状況が変わってきている?これは後で詳述)。マイルドの消費量は1950年代にビターに抜かれましたし、ラガーは1970年代の終わりには人気のピークが過ぎ、今やリーズおよびマンチェスター周辺で造られているのみです。

トレンドとしてのゴールデンエールは、サマーセット州のExmoor BreweryがリリースしたExmoor Goldとソールズベリの超有名ブルワリー、Hop Back Breweryの代名詞、Summer Lightningをもって端緒とするのがいいのではと思います。確かにBoddingtonsやWem Pale(Wemは2008年、Hanby Alesに買収されました)、Three Tunsの通常ラインナップたちも明るい色のエールですし、ダドリーのHoldensや今はなきルートンのGreen'sやワイト島のBurtsなども30年前から「ゴールデン」あるいは「ゴールド」という名前のエールを販売してきました。でも1990年代になって初めて、「金色のエール」というトレンドが生まれ、「ライトなボディとライトな色合い、ほとんどアンバランスなレベルのホッピーフレーバー」という特徴を備えたエールが大量にリリースされたのです。これはおそらく、当時(というか今も)人気があったコンチネンタルラガーに対抗するためだったのでしょう(というか、EverardsのSunchaserみたいな、あからさまにコンチネンタルラガーな銘柄も造られています。「味がない」とエールラヴァーたちからは酷評されていますが…)。
このトレンドは、1996年の夏を経て、さらに強固なものになりました。この年の夏は非常に暑く、多くのエールラヴァー達もさすがに冷たいラガーに浮気したのです。浮気できない小心者(笑)は、ゴールデンエールに慰めを求めました。余談ですが、この暑さのためにエールの流通システムが大打撃を受けました。ほとんどのカスクエールが輸送中に変質してしまい、さらに爆発(!)したカスクも多数あったとのこと。

そんなこんなで、ゴールデンエールは「売れるエール」として業界に認知されていきました。例えばCAMRAの「Good Beer Guide」(毎年春に発売されます)のバックナンバーをひも解くと、1996年版には「ゴールド」の名前を持つエールを造っているブルワリーは22ヶ所でしたが、1998年度版ではそれが55ヶに増加、2007年には134ヶ所と激増しています。それを裏付けるかのように、ゴールデンエールは2001年以降、CAMRAが選ぶChampion Beer of Britainを毎年のように獲得しています。ここに及んで、ゴールデンエール部門が2005年に新設されました。2005年と2006年は2年連続でCrouch ValeのGoldが受賞しています(同時にSupreme Championも獲得)。ちなみに、それに追従するかのように、1996年にはゴールデンエールを造る大手醸造所は3ヶ所しかなかったのに、2007年には16ヶ所に増えています。

でも、ここで注目すべきはもはやゴールデンエールではなく、2007年はHobsonsのMild、2009年はRudgateのRuby MildがSupreme ChampionのGoldを受賞しているという事実。実はロンドンはヴィクトリア駅近くに、毎日マイルドを3種類提供しているという非常に奇特なパブがあるのですが(特に名は秘す)、そこで若者を中心にマイルドの人気が復活しているという話を聞きました。その時はまさかと思って聞いてましたが、今度はマイルドの復権が静かに進行中なのでしょうか??

Rudgate Ruby Mild
Ruby Gold、ちゃっかりもう飲んでます。ややオイリーでタバコ系スモークフレーバーが少々。チョコレートやベリーも感じます。ボディもしっかりあり、ドライなモルトの味わいも好ましい。完成度の高いマイルドですが、その分、マイルド特有の持続力が弱さを物足りなく感じたりもします…。消費者は勝手です。


マクロな目で見ると「伝統的」なリアルエールですが、ちょっとミクロな視点で見直してみると、実は栄枯盛衰、新陳代謝を繰り返すダイナミックなムーブメントが見えてくるよ、というお話です。

ではまた今度。Keep on drinking good beer!!

theme : Restaurant
genre : Gourmet

2010-01-06

誰も知らない、リアルエールの輸出のロジスティクス

こんにちは~
最近、都内はずっと天気がいいですね◎私の本プロジェクトの前途には、活発な雨雲がかかっているようですが…笑
さて気を取りなおして、エントリ行きます。

今回は、ロジスティクスのお話です。こちらもなかなか大変でした。

以前のエントリで書いたとおり、リアルエールは非常にローカルな飲み物です。週に5バレル程度しか醸造しない、文字通り「マイクロ」なブルワリーはザラにありますし、独自の販売網を持たないため、醸造所の半径数十マイルの圏内にしか販売しない蔵元も多いです。また、樽詰め後は基本的に2~3週間で消費してしまうため、長期保存についての情報は「不要」なんですね。

つまり、リアルエールの輸出については、誰に聞いても教えてくれない、というか、知らないのです。

CAMRAの本を読んでみても、やれ「マイルドは数日しか持たない」だの「ストロングエールでも1週間が限度」だの、輸送については批判的な言説ばかり。
しかしアルコール度数に差はあるにせよ、ビールもワインも醸造酒です。前にお話したとおり、私は某自然派ワイナリーで、無農薬、無肥料で育てたブドウを使い、完全無添加でワインを作っておりました。醸造時も瓶詰め時も、酸化防止剤無添加です。この方法は、醸造学においては非常識と言われています(腐造、酸敗が起きるため)。それでも、長期熟成に堪えるワインを作ることは可能なのです(さらに私が醸造担当したワインは今年、ワインスペクテイターで93点をいただきました!)。実際に現場で経験した私だからこそ、感覚的に分かっていたことがありました。

リアルエールも、ちゃんと造ってあるものなら、スタイルを問わず定温コンテナで輸入することが可能だろうし、日本での賞味期限も、最低でも1カ月は問題ないだろう


と。お世話になっているボーンマスのGoat & TricycleのMickも、「CAMRAの連中はうるさ方を自任している連中ばかりだからね。俺のパブでも、実際1カ月保管しても何の問題もないし、オーディナリービターでも、開封後10日は無問題で提供しているよ」と言ってました。ま、普通にやってたら10日は持たないので、そこは色々な器具を使うのですが。

実際、今年だけでも約400種類のリアルエールを英国でテイスティングした私ですが、そのうちの1割弱については、問題なく輸出できると判断しました。「ちゃんと造っている」というところがミソです。具体的に申し上げたいのですが、これは主にテイスティングによってのみ知覚するものであり、それが、私をして「リアルエールエージェント」たらしめている「企業秘密」な部分ですので…。

それはともかく。とにかく、「輸出に堪えるリアルエールは存在する」

のです。

あとはそれをどのように輸出するのか?これには以下のように、大きく分けて4つの段階があります。

  1. 英国の国内輸送

  2. 英国~日本間の輸送

  3. 食品検疫及び税関

  4. 日本国内の輸送


すごく簡単に言いますと、①についてはブルワリー、あるいは現地運送業者に、②以降については、日本のフォワーダーさん(混載業者)にお願いすることになります。なので①については、さほど難しいことはありません。ところが、②以降になると、これが非常に難しかった。とりわけ貿易の非業界人だった私にとっては…。
第一に、運送業界が結構な閉鎖市場であることが挙げられます。初めて貿易を始めようとする会社(or個人)の場合、まずはそのハードルをクリアするのが難しい。それと、彼らも仕事ですので、手間ばかりかかる小規模な輸入については、あまり喜んで対応してくれないということもあります。ましてや「リアルエール」みたいな、過去に輸入例のない、ややこしそうな食品についてはなおさらです。

上記の理由により、まずはリアルエールというものを良く知っているであろう、英国で活動されている日系のフォワーダーにコンタクトを取りまして、実際に何度かオフィスを訪問し、詳細を詰めていきました。しかしその会社はあまり食品を取り扱った経験がなく、また設備的にも、多くの部分を同業他社にファームアウトしなければならないことが判明します。
それならばと、日本で洋酒や食品で実績のある、大手フォワーダーをいくつか選んで、連絡を取ってみました。ダメ元で連絡したのですが、嬉しいことにその中の3社から、返信をいただくことができました。さらにそのうちの1社の担当の方が特に熱心に調べてくださり(偶然ですが英国で仕事をしておられたことがあり、リアルエール好きだそうです)、何度も英国にコンタクトを取られた上で、非常に競争力のあるプランを提示してくださいました。英国のフォワーダーさんに最初の連絡をしてから半年。長かったです…。

さて、1パイント(インペリアルパイントなので、570ccです)あたりの原価(輸送費、酒税、冷蔵保管料等全込み)はいくらになったでしょう?

この辺もあまりオープンにしたくはないのですが…。

まあ、500円にもならないとだけ申しあげておきます。どこぞのサイトで、小売単価2000円以上じゃないと採算がとれないとかなんとか書いてありましたが、正直「ザマミロ」と思いました(笑)もちろん、あちこちで価格交渉をした上で、この価格が出てきたのですが…。

私の考えでは、UKパイントは日本人には多すぎる(美味しいうちに飲み干せない)ので、リアルエールは350ccと200ccのグラスで販売しようかと思っております。その場合、350ccなら原価300円台です。誰ですか?英国のリアルエールを輸入したら採算が取れないっておっしゃってたのは…??(-。-)y-゜゜゜

まさに「意思のあるところに道あり」ですね◎

今回の画像は、ロジスティクスつながりで。NorfolkにあるWells-next-to-seaの港で見た、カニの水揚げ風景です。作業の一部始終を見て思ったのは、ロジスティクスの悪さでした(笑)カニカゴで捕らえたカニは、海水で濡らした麻袋をかぶせただけで輸送されていきます。これでは鮮度も落ちるわけです(実際、港の目の前にあるシーフードレストランでも、そのカニを刺身で食べることができませんでした)。日本じゃ考えられませんわ。では~

Fisherman at Wells-next-to-sea




theme : Restaurant
genre : Gourmet

Profile

olubayo

Author:olubayo
日本唯一の英国リアルエールエージェント兼セラーマン。大阪外国語大学卒業後、某大手新聞社を早期退職。翻訳をしながら某料理雑誌記者という二足のワラジ時代を経て、一念発起してシチリアの超自然派ワイナリーで修業。ワイナリー設立の資金集めのため、もう一つの偉大な醸造酒文化である英国の「カスクコンディションリアルエール」を日本に紹介する仕事に奮闘中~
お店でリアルエールを提供したい方、一度飲んでみたい方、業態開発をお考えの方、みなさん大歓迎です。どこへでも説明に伺いますよ!

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
FC2 Counter