2010-07-18

ごぶさたしておりました…。リアルエール、続報です

皆様、長い間ブログを更新しないでいてすみませんでした<(_ _)>
実は、あのエントリの後、いろいろ問題がありまして…。いや、その、いわゆる飲食店の経営にまつわる良くある話でして。

平たく言うと、「Radiant」ではリアルエールを扱うことができなくなったわけです。

なので、色々次の手を考えていたのです。

でも、まだ方向性を打ち出せていないのです。

そのうちに、とっても切羽詰まってきたわけです。

でも、ようやく何とかゲリラ的に扱ってくださるお店が出てきてくださいました…。なので、今なら東京で飲めます、「リアル」リアルエール。

場所はなんと大手町。新丸ビルでございます。
そこの7階がレストランフロアになっているのですが、そこの「mus mus」と「来夢来人」というお店で提供中です!

銘柄はおなじみBeestonのWorth the WaitとAfternoon Delight。

Beeston Brewery logo

「Afternoon~」は今回初入荷。夏限定のゴールデンペールエールで、とーっても軽いです。ビタリングホップは最低限で、カスケードホップがふんわり香ります。苦み少なく、ホップアロマは柑橘系。モルトの心地よい甘さと、焼き立てのパンのような香りがあります。モルトは地元ノーフォークのフロアモルティングによるペールモルトを使用しているのですが、焙煎がちょっと通常より深いのでしょうか、モルトの甘味の中に軽いカラメルフレーバーも感じます。アルコールは3.7%とこちらもまた軽め。ですが、予想以上にボディを感じます。今回、とある日本酒蔵の醸造家さんに試飲していただいたのですが、「軽さの中に、ギリギリのバランスを感じますね」とのコメントをいただきました。さすが専門家です。

また、女性のテイスターの方からは、「暑い、晴れた日曜日の午後に飲みたくなる味わいですね」とも。ご指摘の通りで、まさに蔵元がそのような消費シーンをイメージして作った銘柄なのです。

「mus mus」はレストランで、「来夢来人」はその名の通り80'sテイスト満載のスナック(笑)です。後者は入り口に「女性限定」と書いてありますが、女性同伴の男性は入店可能です。また、スタッフに「リアルエールを飲みたい」旨を伝えていただければ、男性のお一人様でも入店いただけます。

いずれもマイクロカスクによる試験提供ですので、売り切れ御免です!飲んでみたい方は急いで新丸ビルへ!!

ちなみにコンディションは、この連休中がピークだと思います!!!

theme : Restaurant
genre : Gourmet

Profile

olubayo

Author:olubayo
日本唯一の英国リアルエールエージェント兼セラーマン。大阪外国語大学卒業後、某大手新聞社を早期退職。翻訳をしながら某料理雑誌記者という二足のワラジ時代を経て、一念発起してシチリアの超自然派ワイナリーで修業。ワイナリー設立の資金集めのため、もう一つの偉大な醸造酒文化である英国の「カスクコンディションリアルエール」を日本に紹介する仕事に奮闘中~
お店でリアルエールを提供したい方、一度飲んでみたい方、業態開発をお考えの方、みなさん大歓迎です。どこへでも説明に伺いますよ!

Latest Entries
Latest Comments
Latest Trackbacks
Monthly Archive
Category
FC2 Counter